1. HOME
  2.  > 学会について > IVR学会 ガイドライン > 肝外傷に対するIVRのガイドライン2016

肝外傷に対するIVRのガイドライン2016

日本IVR学会では、日本外傷学会と協力して、学会員およびIVRを施行するすべての医師にむけて、IVR手技の実践的指針となるよう「肝外傷に対するIVRのガイドライン2016」を公表いたします。本サイトよりダウンロードしてご利用いただけるようになりましたので、肝外傷に対するIVRを施行する際の参考としていただけると幸いです。

2016年2月吉日

日本 IVR 学会
理事長 荒井保明

ガイドライン委員会 委員長 谷川   昇
副委員長 曽根美雪

肝外傷に対するIVRのガイドライン 2016 PDF

※2016年2月 「肝外傷に対するIVRのガイドライン2016」公開
 2015年4月 「肝外傷に対するIVRのガイドライン2011」公開 

附録)中島分類(CT所見に基づく肝損傷分類)

中島分類(CT所見に基づく肝損傷分類) PDF

IVR学会 ガイドライン に戻る

更新日: 2016年3月1日