NBCAのガイドライン

血管塞栓術に用いるNBCAのガイドライン2012

シアノアクリレート系薬剤(n-butyl-2-cyanoacrylate、NBCA)を用いた血管塞栓術の臨床的需要度は高く、適用される病態や疾患も多岐に及びます。日本IVR学会では、学会員およびIVRを施行するすべての医師にむけて、IVR手技の実践的指針となるよう、「血管塞栓術に用いるNBCAのガイドライン2012」を公表いたします。本サイトよりダウンロードしてご利用いただけるようになりましたので、NBCAを用いた血管塞栓術を施行する際の参考としていただけると幸いです。

2012年12月吉日

日本 IVR 学会
理事長 栗林 幸夫
ガイドライン委員会 委員長 佐藤 守男
副委員長 中島 康雄

血管塞栓術に用いるNBCAのガイドライン2012 PDF

※2012年12月公開

下記の文献一覧表にはNo.1からNo.181までの付表のPDFがリンクされています。
ID No. の赤下線をクリックして参照してください。

文献一覧表…PDF

IVR学会 ガイドライン に戻る

更新日: 2016年3月8日

学会について

会員の皆様へ

看護師の皆様へ

市民の皆様へ