パブリックコメントの募集

大腸憩室症(憩室出血・憩室炎)ガイドラインに対するパブリックコメントの募集について

日本消化管学会が中心となり、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本IVR学会と合同ガイドラインを策定することとなりました。
この度、草稿が完成いたしましたので、パブリックコメントを募集する運びとなりました。
診療ガイドラインについては、公開にあたり、本疾患に関連する学術団体による客観的な評価が求められております。
IVR学会会員からも忌憚の無いご意見をお寄せいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

日本 IVR 学会
理事長 吉川公彦
ガイドライン委員会 委員長 山上卓士
副委員長 三村秀文

 

大腸憩室症(憩室出血・憩室炎)ガイドラインPDF

※パブリックコメント募集期間:2017年7月30日まで
意見、情報の提出は、メールにてお願いいたします。

送付先 :日本IVR学会事務局 office@jsivr.jp
記載方法:メールの題名「ガイドライン・パブリック・コメント」
     メール本文
     1. ご氏名
     2. ご所属
     3. 対象ページと段落・行
     4. ご意見・コメント
     5. 根拠となる文献

ご注意 :テキストファイルでのメール送信をお願いします。メールにファイルの添付はできません。
ご意見に対する個別の回答はしかねますので、何とぞご了承ください。

IVR学会 ガイドライン に戻る

更新日: 2017年7月19日

学会について

会員の皆様へ

看護師の皆様へ

市民の皆様へ