パブリックコメントの募集

肝動注リザーバー療法に関するガイドラインに対するパブリックコメントの募集・公聴会の開催について

~2018年 9月3日 締切~

このたび、日本IVR学会ガイドライン委員会およびリザーバー研究会は共同プロジェクトとして、肝動注リザーバー療法に関するガイドラインを作成いたしました。
そこで、ガイドライン・ドラフトをご提示し、日本IVR学会会員、リザーバー研究会会員ならびに関係者の方々から広くご意見をいただきたいと思います。下記の要領でご意見をお寄せ下さい。よろしくお願い致します。

2018年8月10日
日本IVR学会 ガイドライン委員会 委員長 山上卓士
リザーバー研究会 代表世話人 稲葉吉隆
肝動注リザーバー療法に関するガイドライン作成委員会
委員長 米虫 敦
副委員長 上嶋一臣

※肝動注リザーバー療法に関するガイドライン(ドラフト版)PDFは下記リンク先をご参照ください。

肝動注リザーバー療法に関するガイドライン(ドラフト版)PDF

第43回リザーバー研究会(2018/8/31~9/1)にて、本ガイドラインの公聴会セッションを開催いたします。奮って御参加ください。

肝動注リザーバー療法に関するガイドラインの公聴会セッション
日時:2018年8月31日(金)13時10分~14時10分
場所:前橋テルサ2Fホール(第43回リザーバー研究会)
研究会HP: http://jsipat43.umin.jp/

※パブリックコメント募集期間:2018年9月3日まで

意見、情報の提出は、メールにてお願いいたします。

送付先 :日本IVR学会事務局 office@jsir.or.jp
記載方法:メールの題名「ガイドライン・パブリック・コメント」
     メール本文
      1. ご氏名
      2. ご所属
      3. コメント(該当ページ、該当記載内容とともに、具体的にご指摘ください)

ご注意 :テキストファイルでのメール送信をお願いします。
     メールにファイルの添付はできません。
     ご意見に対する個別の回答はしかねますので、何とぞご了承ください。

 

IVR学会 ガイドライン に戻る

更新日: 2018年8月10日

学会について

会員の皆様へ

看護師の皆様へ

市民の皆様へ