PVPガイドライン

骨粗鬆症性椎体骨折に対する経皮的椎体形成術 (Percutaneous Vertebroplasty: PVP)を安全に行うための指針

本指針は、骨粗鬆症性椎体骨折に対するPVP手技が厚生労働省で認められたことを契機に、我が国で本治療が安全にかつ有効に行われることを目指して、日本脊椎脊髄病学会、日本脊髄外科学会など関連の整形外科、脳神経外科の先生方と一緒に作成したものです。実施医基準など今後さらにアップデートしていく予定ですが、現段階での指針として利用していただければ幸いです。

2013年2月吉日

作成委員
日本脊椎髄病学会:加藤真介・川上紀明・戸川大輔
日本脊髄外科学会:川西昌浩・高橋敏行
日本 IVR 学会:荒井保明・滝澤謙治・谷川 昇・中島康雄

骨粗鬆症性椎体骨折に対する経皮的椎体形成術:
PVPを安全に行うための指針

※2013年2月公開

IVR学会 ガイドライン に戻る

学会について

会員の皆様へ

看護師の皆様へ

市民の皆様へ