IVR 専門医試験受験申請にあたって

● 提出書類

  1.  専門医認定試験受験申込書*1 オリジナルと,そのコピーを4部
    修練施設にて指導管理責任者であるIVR 専門医より署名を受けること。
    なお,当該指導管理責任者は後述の症例リスト(200 例)の記載内容に責任を持つこと。

     

  2. 受験資格を証明する資料  医師免許のコピー1部  専門医認定医証のコピー1部
    今年,日本医学放射線学会の診断または治療専門医を受験するため,専門医認定証が間に合わない場合は,診断または治療専門医試験の受験票コピーを提出する。ただし,認定証が届き次第,速やかに再提出すること。

     

  3. 臨床症例リスト*1(200例)(手技別にソートしたもの) 4 部
    2015 年1 月以降※に術者または第一助手として施行したIVR 200 例*2 に関し,学会ホームページにリンクする臨床症例リスト*1 の形式で作成したものを提出する。なお,このリストは,IVR専門医研修記録簿*1 に記載されている中項目・小項目*3 の手技別にソートし提出する。200例を超える研修実績がある場合も200例で申請すること。
    注:1 .3)4)に関し事務局からの問い合わせに速やかに応じられるものとする。
      2 .血管造影は症例には含めない。
    ※ ニュースレターNo.4の会告にて,臨床症例リストの期限が2014 年1 月以降と記載されていましたが,2015 年1 月以降の誤りでした。お詫びして修正いたします。

     

  4.  種類別リスト*1 4部
    上記「IVR臨床症例リスト(200例)」症例のIVR種類別リスト
    注:1 .「IVR種類別リスト」内の詳細症例数は一項目で100例を超えてはならない。
      2 .肝腫瘍の塞栓術,動注術は合算で一項目として扱い,100例を超えないこと。

     

  5.  実績一覧*1 4部
    第18回専門医試験までの【旧基準】と,第19 回専門医試験より変更された【新基準】のいずれも受け付ける。申請者は,【旧基準】か【新基準】か,いずれかを選択した上で書類を作成し提出する。

    【旧基準】
    2015年1 月以降に行ったIVRに関する学術発表と学術論文合わせて10 編の一覧。
    共同演者,共著者も可とするが,1編は筆頭演者または筆頭著者であること。
    注:1. E-pubは学術論文として認めるがin press(電子媒体でも未公開)は不可とする。
      2. 商業誌,Letter to the editorは不可とする。
      3. ポスター発表も学術発表に含める。
      4. 同一内容の複数の学会での発表(シンポジウムを除く)は加えられない。

     

    【新基準】
    2015 年1 月以降に行ったIVRに関する学術発表と学術論文の業績をいずれか,または合わせて5 編の一覧。
    ・5 編のうち1編は必ず筆頭演者または筆頭著者であること。
    ・その他の4 編は,共同演者または共著者でもかまわないが,それを証明する書類の提出が可能であること。
    ・筆頭著者の業績がない場合,1 編は日本IVR学会の定める更新認定10 単位以上の学術集会での筆頭演者発表とする。
    A. 学術論文の業績対象となる学術雑誌は以下の通りとする。
     a. 日本IVR学会雑誌
     b. Interventional Radiology(Official Journal of JSIR online)
     c. インパクトファクターが付与された学術雑誌
    B. 学術発表の業績対象となる学術集会は以下の通りとする。
     日本IVR学会の定める更新認定5 単位以上の学術集会
  6. 5.の実績一覧に対する付記資料*2 各4 部
    a)論文は掲載誌,発表年月,論文名,著者名が確認できるページのコピーを添付。
    b)学会・研究会発表は,発表者・共同演者(申請者名を含む),演題名,学会・研究会名,開催日時・場所が記載されているプログラム・抄録ページのコピーを添付。
    c)資料が複数枚にわたる場合は業績ごとにホチキスで留めて提出する。
    d)題名だけではIVR に関する学術論文,学術発表であることが不明な場合は,演題がIVR に関する内容であることを確認できる論文コピー,抄録等も添付すること。

     

  7.  IVR学会総会出席証明書(またはネームカード)のコピー 1 部

     

  8.  受験料・登録料の振込票のコピー 1部

     

  9.  IVR 専門医研修記録簿内「IVR専門医 研修カリキュラム達成度」1部(任意提出)

     

  10.  必要書類チェックリスト*1 1 部

     

    * 1 .IVR学会ホームページ(こちら)よりダウンロード。
    * 2 .「研修実績表(IVR 200例のリスト)」に関しては症例数,対象期間に留意し,「IVRに関する学術論文と学術発表の実績」に関しても添付書類に不備がないよう努めること。
    不備のある場合は,書類審査料3万円は返却しない。
    * 3 .中項目・小項目はIVR専門医研修記録簿*1 研修カリキュラム達成度に記載されている項目を参照すること。

● 申請方法

⑴専門医認定試験受験申込書について
 所定の専門医認定試験受験申込書を使用し,本学会会員番号等,必要事項を明記すること。
  研修実施施設が複数ある場合には,全ての施設名を記入すること。
⑵上記1),3),4),5),9),10)の一覧表フォーマットは本学会ホームページこちらからダウンロード可能。必要事項を記入し,必ずA4判縦でプリントアウトしたものを送付すること。電子データは受け付けない。
⑶受験料・登録料について
 50,000円(書類審査料・受験料30,000円,登録料20,000円)を以下口座に振り込むこと。
不合格(書類審査及び筆記試験,口頭試問)の際は,登録料20,000円のみ返金。
* 宿泊費については申込書を受領した後,追ってご連絡いたします。

一般社団法人 日本インターベンショナルラジオロジー学会
代表理事 吉川公彦 専門医会計
シヤダンホウジン ニホンインターベンシヨナルラジオロジーガツカイ センモンイカイケイ
三菱UFJ銀行 東松山支店 普通 0051079

・提出書類を事務局宛に郵送すること。申込書が届き次第,事務局から受領メールを送付する。
・封筒の表に「専門医試験受験申込書在中」と朱筆すること。

● 受験申込書受付期間

2020年8 月3 日(月)~9 月7 日(月)消印有効
注:期限を過ぎてから到着した書類は,未開封のままご返却します。

IVR 専門医試験申請書類ダウンロード

更新日:2020年7月14日



学会について

会員の皆様へ

看護師の皆様へ

市民の皆様へ