CTガイド下肺生検の手技に関するガイドライン2020

肺腫瘍に対する診断・治療におけるIVRの重要性は近年高くなっており、CTガイド下肺生検の施行数が増加しています。日本IVR学会では、学会員およびIVRを施行するすべての医師にむけて、IVR手技の実践的指針となるよう、「CTガイド下肺生検の手技に関するガイドライン2020」を公表いたします。CTガイド下肺生検を施行する際の参考にしていただけると幸いです。

2020年10月吉日
日本IVR学会:理事長 山門亨一郎
ガイドライン委員会 委員長 山上卓士
副委員長 掛田伸吾

CTガイド下肺生検の手技に関するガイドライン

※2020年10月公開

IVR学会 ガイドライン に戻る



学会について

会員の皆様へ

看護師の皆様へ

市民の皆様へ