肝動注リザーバー療法に関するガイドライン

肝動注リザーバー療法は肝悪性腫瘍に対する治療法の一つとして広く知られています。日本IVR学会では、学会員およびIVRを施行するすべての医師にむけて、肝動注リザーバー手技の実践的指針となるよう、「肝動注リザーバー療法に関するガイドライン」をリザーバー研究会と共同で作成しましたので公表いたします。本サイトよりダウンロードしてご利用いただけるようになりましたので、肝動注リザーバー療法を施行する際の参考としていただけると幸いです。

2018年12月吉日
日本IVR学会:理事長 吉川公彦
ガイドライン委員会 委員長 山上卓士
副委員長 三村秀文
リザーバー研究会代表世話人 稲葉吉隆
肝動注リザーバー療法に関するガイドライン作成委員 米虫 敦、上嶋 一臣、新槇 剛
岩本 英希、小尾 俊太郎、佐藤 洋造
田中 利洋、松枝 清、森口 理久

肝動注リザーバー療法に関するガイドライン

※2019年1月公開

IVR学会 ガイドライン に戻る



学会について

会員の皆様へ

看護師の皆様へ

市民の皆様へ