パブリックコメントの募集

「門脈圧亢進症診療における部分脾動脈塞栓術(PSE)の手技に関するガイドライン2021年度版」に対するパブリックコメントの募集について
~2021年12月31日締切~ 

このたび、日本IVR学会ガイドライン委員会は、「門脈圧亢進症診療における部分脾動脈塞栓術(PSE)の手技に関するガイドライン2021年度版」を作成いたしました。
そこで、ガイドライン・ドラフトをご提示し、日本IVR学会会員ならびに関係者の方々から広くご意見をいただきたいと思います。下記の要領でご意見をお寄せ下さい。よろしくお願い致します。

2021年11月24日

 

日本 IVR 学会 理事長 山門亨一郎
ガイドライン委員会 委員長 山上 卓士
副委員長 掛田 伸吾
門脈圧亢進症診療における部分脾動脈塞栓術(PSE)の手技に関するガイドライン作成委員会 
委員長  松本 知博

門脈圧亢進症診療における部分脾動脈塞栓術(PSE)の手技に関する
ガイドライン2021年度版

※パブリックコメント募集期間:2021年12月31日まで
 意見、情報の提出は、メールにてお願いいたします。

送 付 先  :日本IVR学会事務局 office@jsir.or.jp
記載方法:メールの題名「ガイドライン・パブリック・コメント」
     メール本文    

     1.ご氏名
     2.ご所属
     3.コメント
     (該当ページ、該当記載内容とともに、具体的にご指摘ください)

ご 注 意:テキストファイルでのメール送信をお願いします。メールにファイルの添付はできません。
     ご意見に対する個別の回答はしかねますので、何とぞご了承ください。

過去のパブリックコメント募集はこちら
IVR学会 ガイドライン に戻る

更新日: 2021年11月24日



学会について

会員の皆様へ

看護師の皆様へ

市民の皆様へ