eラーニング受講による必要症例項目の補填について

救急IVR認定医の受験につきましては、IVR手技における臨床症例リストは100例が必要となり、かつ100例のうちの60例は「救急IVR症例」として経験して頂くことが必要となります。その症例60例(大項目のうちの中項目)の必要症例数を達成できない場合、eラーニングの受講によって補填することが出来ます。
※但し、「主体的に手技が行える」と判断されることが条件であり、この措置は4項目までとなります。
詳細は下記のURLにてご確認ください。
https://www.jsir.or.jp/kaiin/doctor/eivrtest_entry#kyukyu4

eラーニングの内容は下記の通りとなっております。
(準備ができ次第、順次動画をアップロードいたしております。
 ※「2.喀血」は準備中となっております)

eラーニング受講費用:1講座 1,100円(税込)

eラーニング受講申し込み: 下記ボタンよりお申込みください。

 

・すでにご登録履歴のある方:

 ログイン→「講習会を探す」→「救急症例eラーニング集」を申込してください。

・こちらのサイトが初めての方:
「ログイン・新規登録」→「新規登録」からメールアドレスを入力して、研修サイトへ登録してください。→本登録後、ログインして「講習会を探す」→「救急症例eラーニング集」を申込してください。

※トップページなどに見える「操作マニュアル」をご参照ください。

※誠に恐縮ながら、申込者様のご都合によるキャンセルの場合、ご返金はいたしかねます。

 

専門医に関するご案内に戻る

更新日: 2023年12月28日



学会について

会員の皆様へ

看護師の皆様へ

市民の皆様へ