日本医学会からのお知らせ

【周知依頼】

NIPT等の出生前検査の適切な運用について

令和4年6月17日付にて厚生労働省母子保健課長より別添の通知が出されました
NIPT 等の 出生前 検査 の適切な運用について(依頼) PDF

更新日:2022年6月23日

【周知依頼】

ネモリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(アトピー性皮膚炎に伴うそう痒)について

以下URLよりご覧ください
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220524I0010.pdf


「医療機器及び体外診断用医薬品のリスク管理計画の策定及び公表について」 の一部改正について 以下URLよりご覧ください
https://www.mhlw.go.jp/content/000945159.pdf


自動体外式除細動器及び体表用除細動電極の適正使用に関する情報提供等の実施について 以下URLよりご覧ください
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220527I0010.pdf


ニボルマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(非小細胞肺癌、悪性黒色腫、頭頸部癌、腎細胞癌、古典的ホジキンリンパ腫、胃癌、悪性胸膜中皮腫、高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する結腸・直腸癌、食道癌、原発不明癌 及び尿路上皮癌)の一部改正について

以下URLよりご覧ください
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220527I0020.pdf

参考1:https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220527I0021.pdf
参考2,3:https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220527I0022.pdf
参考4,5:https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220527I0023.pdf
参考6,7:https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220527I0024.pdf
参考8,9:https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220527I0025.pdf
参考10,11:https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220527I0026.pdf


アテゾリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(非小細胞肺癌、小細胞肺癌、乳癌及び肝細胞癌)の一部改正について

以下URLよりご覧くださいhttps://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220527I0070.pdf 

参考1:https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220527I0071.pdf 
参考2:https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220527I0072.pdf 
参考3:https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220527I0073.pdf 
参考4:https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220527I0074.pdf 

更新日:2022年6月7日

【周知依頼】
経腸栄養分野の小口径コネクタ製品の切替えに係る方針の一部見直しについて

以下URLよりご覧ください
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000204128_00007.html


「血液製剤等に係る遡及調査ガイドライン」の一部改正について

以下URLよりご覧ください
https://www.mhlw.go.jp/content/000833115.pdf PDF

更新日:2022年6月1日

日本医学会e-News No.5発行のご案内

以下URLよりご覧ください
https://jams.med.or.jp/e-news/index.html PDF


【周知依頼】

イデカブタゲン ビクルユーセルの最適使用推進ガイドラインについて

関連URL
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220420I0020.pdf PDF


仮名加工情報である医療情報のみを用いて行うAI画像診断機器等の開発・研究等への生命・医学系指針の適用等について

関連URL
https://www.mhlw.go.jp/content/000922490.pdf PDF


臨床研究法の対象となる臨床研究等の事例集について(その1)等の改訂について

改訂について PDF


仮名加工情報である医療情報のみを用いて行うAI画像診断機器等の開発・研究等への生命・医学系指針の適用等について

関連URL
https://www.mhlw.go.jp/content/000922490.pdf PDF


再生医療等提供計画等の記載要領等の改訂について

関連URL
https://www.mhlw.go.jp/content/000923224.pdf PDF

再生医療等の安全性の確保等に関する法律に基づく再生医療等提供計画及び臨床研究法に基づく実施計画の提出等について

提出書類 PDF

再生医療等の安全性の確保等に関する法律施行規則及び臨床研究法施行規則の一部を改正する省令の施行について

関連URL
https://www.mhlw.go.jp/content/000923198.pdf PDF

「「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」、「再生医療等の安全陛の確保等に関する法律施行令」及び「再生医療等の安全陛の確保等に関する法律施行規貝リ」の取扱いにっいて」及び「臨床研究法施行規貝リの施行等について」の一部改正について

関連URL
https://www.mhlw.go.jp/content/000923218.pdf PDF


最近の医療安全施策に関する動画資料について


「ヒト受精胚に遺伝情報改変技術等を用いる研究に関する倫理指針」及び「ヒト受精胚の作成を行う生殖補助医療研究に関する倫理指針」の一部改正について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/kenkyujigyou/i-kenkyu/index.html

更新日:2022年5月12日

医療事故情報収集等事業第68 回報告書の公表について(周知依頼)

関連URL
https://www.med-safe.jp/
https://www.med-safe.jp/pdf/report_68.pdf   PDF


医薬品横断的なコンパニオン診断を目的とする体外診断用医薬品等の取扱いについて(周知依頼)

関連URL
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220401I0020.pdf  PDF
Q&Aについて
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220401I0040.pdf PDF


特定臨床研究で得られた試験成績を医薬品の承認申請に利用する場合の留意点・考え方の例示について(周知依頼)

関連URL
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220404I0160.pdf PDF


令和4年度版死亡診断書(死体検案書)記入マニュアルについて(周知依頼)

関連URL
https://www.mhlw.go.jp/toukei/manual/ 


オマリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(季節性アレルギー性鼻炎)の一部改正について(周知依頼)

関連URL
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220401I0140.pdf PDF


MID-NETの利活用に関するガイドラインの一部施行について(周知依頼)

関連URL
https://www.pmda.go.jp/safety/mid-net/0003.html#3 


令和4年度診療報酬改定に伴う最適使用推進ガイドラインの取扱いについて(周知依頼)

関連URL
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220404I0060.pdf PDF

更新日:2022年4月20日


遺伝情報・ゲノム情報による不当な差別防止についての共同声明

日本医学会では4月6日に日本医師会と共に記者会見を行い,ゲノム情報による不当な差別や社会的不利益の防止についての共同声明を発表しました.

共同声明  PDF

更新日:2022年4月19日

医療事故調査・支援センター2021 年年報の公表について

関連URLは下記の通りです.
https://www.medsafe.or.jp/modules/advocacy/index.php?content_id=2#nenpou


医療事故の再発防止に向けた提言第16号について

関連URLは下記の通りです.
https://www.medsafe.or.jp/modules/advocacy/index.php?content_id=1


「遺伝子治療等臨床研究に関する指針」の一部改正について

○遺伝子治療等臨床研究に関する指針の一部を改正する件(令和4年厚生労働省告示第89 号)本日(3/25)の官報(号外第64号)において告示されています.

■官報掲載URL:https://kanpou.npb.go.jp/20220325/20220325g00064/20220325g000640111f.html 

各種倫理指針等は厚生労働省HPに掲載しておりますので適宜ご参照ください.

○研究に関する指針についてhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/kenkyujigyou/i-kenkyu/index.html 


ニボルマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(尿路上皮癌)の作成について

関連URLは下記の通りです.
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220328I0050.pdf

更新日:2022年3月31日

人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」の一部改定について

厚生労働省医政局長より、「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」の一部改定につきましての周知依頼がございました。

関連URLは下記の通りです。

○研究に関する指針についてhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/kenkyujigyou/i-kenkyu/index.html 

「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針の一部を改正する件」
3月10日の官報(号外第50号)において告示されております.

■官報掲載URL: https://kanpou.npb.go.jp/20220310/20220310g00050/20220310g000500003f.html

更新日:2022年3月22日

IDES 感染症危機管理専門家養成プログラム参加のご案内

現在、厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症を含めた各感染症対策並びに公衆衛生行政の更なる推進のため、感染症の専門家を養成するプログラムへ参加くださる、専門的知識を有した方を募集しております。

・IDES 感染症危機管理専門家養成プログラム 若干名https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/ides/index.html

【お問合せ先】
厚生労働省
 健康局結核感染症課・新型コロナウイルス感染症対策推進本部(戦略班)
 金川 弦暉
 〒100-8975 東京都千代区霞が関1-2-2
       中央合同庁舎5号館2階 

 TEL(直通):03-3595-3489
 E-mail:kanagawa-genki.ya2@mhlw.go.jp 

更新日:2022年3月14日

医療における遺伝学的検査・診断に関するガイドライン改定のご案内

以下URLよりご確認ください。

【医療における遺伝学的検査・診断に関するガイドライン(2022年3月改定)】
https://jams.med.or.jp/guideline/genetics-diagnosis_2022.pdf

【Q&A】
https://jams.med.or.jp/guideline/genetics-diagnosis_qa_2022.html

日本医学会会長 門田守人
「遺伝子・健康・社会検討委員会」委員長 福嶋義光

更新日:2022年3月14日

ヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種に関するリーフレットの改訂について

関連URLは下記の通りです. 

  1. HPVワクチン接種の対象年齢のお子様及びその保護者向けリーフレット(概要版)https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000901219.pdf

  2. HPVワクチン接種の対象年齢のお子様及びその保護者向けリーフレット(詳細版)https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000901220.pdf

  3. HPVワクチンを接種したお子様及びその保護者向けリーフレット https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000901221.pdf

  4. HPVワクチンの接種に関係する医療従事者向けリーフレット https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000901222.pdf

 

ヒトパピローマウイルス感染症に係る厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/index.html

更新日:2022年3月11日

ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(高い腫瘍遺伝子変異種(TMB-High)を有する固形癌)の作成及び最適使用推進ガイドライン(腎細胞癌)の一部改正について

https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T211228I0070.pdf

ゲル充填人工乳房及び皮膚拡張器植込み患者等における乳房インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫(BIA-ALCL)の発生及び植込み患者等に対する情報提供について
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T220221I0020.pdf

更新日:2022年3月2日

第4回社会医学若手フォーラムのご案内

日時 2022年3月4日(金)17:30~19:30

場所

オンライン(Zoom)
対象 社会医学若手フォーラムの趣旨に賛同する研究者
内容

登壇者2名による自己紹介・研究紹介・質疑および座談会

・登壇者(敬称略、五十音順)

1)遠藤 源樹(日本産業衛生学会・日本疫学会・日本職業・災害医学会、順天堂大学)
演題名 Cancer and Work~誰でもその人なりに働ける社会のために~

2)大城 真理子(日本健康学会、沖縄県立看護大学)
演題名 乳房の異常に気づきつつも医療機関の受診が遅れるのはなぜだろう?

参加費

無料

申込方法

事前登録制:下記フォームより、お申込みください。
参加登録フォーム
https://forms.gle/5gnMSzC5jSKXaoGh6

申込期限

3月1日(火)

問合先

山本琢磨(兵庫医科大学法医学教室)
shakai.wakate@gmail.com

主催

日本医学会連合 第4回社会医学若手フォーラム

URL

https://www.jmsf.or.jp/news/page_398.html

更新日:2022年2月18日

日本医学会創立120周年記念式典・シンポジウム 開催のお知らせ

日本医学会創立120周年記念事業
~日本近代医学創成から120年とこれからの120年~

開催日時:4月2日(土)13:00~17:10
開催形式:オンライン開催
特設サイトURL: https://jams.med.or.jp/jams120th/

問い合わせ先:日本医学会事務局
TEL:03-3946-2121(内3241)
igakukai@po.med.or.jp

案内PDF PDF

更新日:2022年2月1日

医療事故の再発防止に向けた提言第15号の公表について
https://www.medsafe.or.jp/modules/advocacy/index.php?content_id=87

更新日:2022年1月24日

「2021年度全国公正研究推進会議~情報と社会:研究倫理の立場から」開催のご案内

詳細は以下URLよりご確認ください。
https://www.aprin.or.jp/seminar/seminar_detail/aprinkaigi2021

お問い合わせ:
一般社団法人公正研究推進協会(APRIN)事務局
担当:具志堅,電話:03-5937-0900
E-mail:gushiken_marie@aprin.or.jp

更新日:2022年1月14日

医療機器のサイバーセキュリティの確保及び徹底に係る手引書についてhttps://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T211228I0070.pdf

ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライ ン(子宮体癌)の作成について
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T211224I0030.pdf

ニボルマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(原発不明癌)の作成について
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T211224I0020.pdf

ヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種を進めるに当たっての相談支援体制・医療体制等の維持,確保について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/notifications.html

更新日:2022年1月11日

MID-NET シンポジウム2022開催のご案内

来る2022年2月25日(金)、
「MID-NET シンポジウム2022」と題しましてシンポジウムを開催する運びとなり
ました。
今回もコロナ禍の状況を踏まえましてオンラインにて開催いたします。

つきましては開催概要をお送りさせていただきますので、ご検討の上ご参加いただき
ますようお願い申しあげます。
なお、大変恐縮でございますが関係各所にご通知いただきますよう重ねてお願い申し
あげます。

—————————————————————-
お問い合わせ先

MID-NET 2022 シンポジウム事務局
TEL:03-5966-5778 (土・日・祝日を除く10時~17時)
Email:info_midnet2022@stage.ac
—————————————————————-

プログラムパンフレット

更新日:2022年1月7日

日本医学会創立120周年記念事業について(第1報)

さて,日本医学会は,1902年(明治35年)4月2日に16の分科会が合同し、第1回日本聯合医学会を上野の東京音楽学校において 開催したことを創設としています.4年毎に医学会総会を開催する自主独立の組織としての活動を開始した後、1948年には GHQの指導により日本医師会と合流し、恒常的に活動する組織となりました.また,2014年には、法人格を持つ組織として一般社 団法人日本医学会連合も創設され,現在に至っています.
 2022年4月2日に創立120年を迎えるにあたり,記念事業として「記念誌」の刊行や「未来への提言」の作成,記念式典 やシンポジウムの開催を行う予定で,現在準備を進めております.  新型コロナウイルスの感染拡大を鑑み,式典やシンポジウムにつきましては当日,ライブで配信を行うほか,動画を制作し 後日,日本医学会創立120周年記念特別サイト(仮称)にて映像配信の予定です. 暫定版ではありますが,現在のプログラム案を添付させていただきました.今回は第1報として ご案内させていただきますが,ライブ配信の視聴方法等,詳細は決まり次第,追ってご案内させていただく予定です.
つきましては,ご賢察いただきまして,貴会会員の皆様にお知らせいただけますと幸いです.

式典プログラム案

日本医学会長  門田 守人
日本医学会創立120周年記念事業統括責任者
/式典委員会委員長/日本医学会副会長
森  正樹

更新日:2021年12月29日

医師のセカンドキャリアと地域医療を支えるネットワーク 医師募集のお知らせ

https://www.md2-rm.org/

更新日:2021年12月9日

MID-NETの利活用に係る申出等の事務処理手続の取扱いについて

https://www.pmda.go.jp/files/000243794.pdf

更新日:2021年12月8日

ニボルマブ(遺伝子組換え) 製剤の最適使用推進ガイドライン(胃癌及び食道癌) の一部改正について

https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T211126I0030.pdf

更新日:2021年12月1日

・ウパダシチニブ水和物製剤の最適使用推進ガイドライン(既存治療で効果不十分なアトピー性皮膚炎)の一部改正について
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T211125I0020.pdf

・アブロシチニブ製剤の最適使用推進ガイドライン(既存治療で 効果不十分なアトピー性皮膚炎)について
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T211125I0010.pdf

・ペムブロリズマブ(遺伝子組換え) 製剤の最適使用推進ガイドライン(食道癌) の一部改正について
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T211126I0040.pdf

更新日:2021年11月29日

日本学術会議公開シンポジウム「生命科学分野におけるジェンダー・ダイバーシティ-大学・企業・学協会におけるダイバーシティ推進に向けた取り組み-」(2021年12月19日 オンライン開催)

平素より日本医学会連合の活動にご協力いただき厚く御礼申し上げます。
下記のとおり日本学術会議公開シンポジウム(後援)が開催されますのでお知らせいたします。

名称:日本学術会議公開シンポジウム「生命科学分野におけるジェンダー・ダイバーシティ-大学・企業・学協会におけるダイバーシティ推進に向けた取り組み-」
日時:2021/12/19(日)14:00~18:00
開催地:オンライン開催(Zoom)

開催概要:https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/317-s-1219.html
開催概要(JPG版):https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/img/317-s-1219.jpg

定員:約1,000名(事前申込先着順)
対象:どなたでも参加いただけます
参加費:無料
申込み:以下のページのリンク先より事前に参加登録をしてください。
https://forms.gle/DynjTzVLJBGqzUjb9
お申し込みいただきました方には、12月17日に参加のURLをご案内いたします。
届かない場合は、再度、お申し込み下さい。

お問い合わせ先:シンポジウム事務局
メールアドレス:SCJ25.Symposium@gmail.com

主催:日本学術会議第二部生命科学ジェンダー・ダイバーシティ分科会、日本学術会議科学者委員会男女共同参画分科会
後援(予定):文部科学省、厚生労働省、内閣府男女共同参画局、国立研究開発法人科学技術振興機構、公益社団法人日本薬学会、一般社団法人日本看護系学会協議会、一般社団法人日本医学会連合、一般社団法人日本歯科医学会連合、一般社団法人日本農学会、生活科学系コンソーシアム、生物科学学会連合、日本生命科学アカデミー、日本農学アカデミー、男女共同参画学協会連絡会、全国ダイバーシティネットワーク

更新日:2021年11月26日

JMSF:令和3年度 女性医師支援担当者連絡会の開催について(令和3年12月5日開催)

過日ご案内させていただきました令和3年度 女性医師支援担当者連絡会(日本医師会女性医師支援センター、日本医学会連合 共催)の参加申込の受付を開始いたしましたので、お知らせいたします。

名称:令和3年度 女性医師支援担当者連絡会
日時:令和3年12月5日(日曜日)13時00分~15時10分
開催形式:Zoom(ウェビナー機能で実施)
開催概要:

  1. 目的 女性医師支援に関する各団体の特徴的、先進的な取り組みをご紹介いただくことにより、全国で情報を共有することをもって女性医師のキャリア形成・継続を支援することを目的とします。

  2. 対象 各都道府県医師会・各大学医学部・日本医学会連合加盟学会における女性医師支援または男女共同参画担当の役職員

  3. プログラム 別紙参照 PDF

  4. 参加受付 令和3年10月11日(月曜日)から11月12日(金曜日)
    申込フォーム https://niccs.nishitetsutravel.jp/niccs/ja/app/QG21120E

  5. 発表資料 本連絡会開催間際に女性医師支援センターホームページに公開予定 https://www.med.or.jp/joseiishi/article029.html

  6. その他 各学会からのご出席者2名まで、旅費(日当)をお支払いいたします。

    一般社団法人 日本医学会連合 事務局
    E: info@jmsf.or.jp W: https://www.jmsf.or.jp/

    更新日:2021年10月14日

 

医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて

医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて  PDF
参考1 申請書(新様式) PDF
参考2 平成24年11月29日医学会発第56号PDF  PDF
添付資料1_医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて PDF
添付資料2_55年通知 PDF

更新日:2021年10月12日


医療法第六条の五第三項及び第六条の七第三項の規定に基づく医業,歯科医業若しくは助産師の業務又は病院,診療所若しくは助産所に関して広告することができる事項の一部を改正する告示の施行について(周知依頼)

医療法第六条の五第三項及び第六条の七第三項の規定に基づく医業,歯科医業若しくは助産師の業務又は病院,診療所若しくは助産所に関して広告することができる事項の一部を改正する告示の施行について,別添の通り,周知依頼がありましたので,貴学会の会員各位に周知の程よろしくお願いします.
関連URLは下記の通りです.
https://www.mhlw.go.jp/content/000838072.pdf

更新日:2021年10月12日


「日本医学会e-News No.4」の発行について

さて,このたび,「日本医学会e-News No.4」を発行いたしました.
日本医学会ホームページにも閲覧者が自由にダウンロードできる形で掲載済となっております.
掲載URLは下記のとおりです.

https://jams.med.or.jp/e-news/index.html

なお,「日本医学会e-News」は,「日本に学会だより」同様に,発行はオンライン版のみとさせていただいておりますので, ご承知おきいただければ幸いです.

更新日:2021年10月12日

「日本医学会e-News No.3」の発行について

さて,このたび,「日本医学会e-News No.3」を発行いたしました.
日本医学会ホームページにも閲覧者が自由にダウンロードできる形で掲載済となっております.
掲載URLは下記のとおりです.

https://jams.med.or.jp/e-news/index.html

なお,「日本医学会e-News」は,「日本に学会だより」同様に,発行はオンライン版のみとさせていただいておりますので, ご承知おきいただければ幸いです.

更新日:2021年05月14日

レジストリデータを承認申請等に利用する場合の信頼性担保のための留意点(周知依頼)

厚生労働省医薬・生活衛生局医薬品審査管理課並びに厚生労働省医薬・生活衛生局医療機器審査管理課より,「レジストリデータを承認申請等に利用する場合の信頼性担保のための留意点」についての周知依頼がありました。

関連URLは下記の通りです.
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T210324I0020.pdf

 

更新日:2021年4月12日

アテゾリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(肝細胞癌)の作成及び アテゾリズマブ (遺伝子組換え製剤)の最適使用推進ガイドライン(非小細胞肺癌 、小細胞肺癌、乳癌 )の一部改正 について(周知依頼)

厚生労働省医薬・生活衛生局医薬品審査管理課長より, アテゾリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(肝細胞癌)の作成及び アテゾリズマブ (遺伝子組換え製剤)の最適使用推進ガイドライン(非小細胞肺癌 、小細胞肺癌、乳癌 )」の一部改正について,通知がありました.

関連URLは下記の通りです. https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T200925I0010.pdf

更新日:2020年10月09日

「日本医学会e-News No.2」の発行について

さて,このたび,「日本医学会e-News No.2」を発行いたしました.
日本医学会ホームページにも閲覧者が自由にダウンロードできる形で掲載済となっております.
掲載URLは下記のとおりです.

http://jams.med.or.jp/dayori/index.html

なお,「日本医学会e-News」は,「日本に学会だより」同様に,発行はオンライン版のみとさせていただいておりますので, ご承知おきいただければ幸いです.

更新日:2020年10月05日

「日本医学会 COI管理ガイドライン 2020(Digest版)」公表のお知らせ

日本医学会長 門田守人
日本医学会利益相反委員会委員長 曽根三郎

 いつも日本医学会の運営におきましては大変お世話になっております.
 さて,2020年3月に「日本医学会 COI管理ガイドライン」一部改定版を公表いたしました.2011年2月に「日本医学会 医学研究のCOIマネージメントに関するガイドライン」を初めて公表して以来,数年ごとに国内外の状況に整合性させる視点から一部および全面改定を重ねてきましたが,当ガイドラインの内容がより複雑化し煩雑化し理解しにくくなっているとの声が一部寄せられております.
5月19日開催予定であった日本医学会・日本医学会連合合同の第6回研究倫理教育研修会が,本年4月以後に新型コロナ感染がパンデミックの状況となり,開催が中止となったため,COI管理のあり方に関する情報交換ならびに共有化ができないという状況も発生しております.今回の一部改定内容については,いくつかの分科会から個別のご質問(特に,組織COI管理)を事務局にいただき,日本医学会利益相反委員会として可能な限りコメントあるいは回答をさせていただいております.
 今回,各分科会および当該会員の方々に「日本医学会 COI管理ガイドライン」をより一層理解していただき,産学連携による医学系研究を適正に推進していただけますことを目的に,「日本医学会 COI管理ガイドライン2020(Digest版)」を日本医学会ホームページ(http://jams.med.or.jp/guideline/index.html)に公表させていただきました.広くご活用いただけますようお願い申し上げます.

更新日:2020年10月05日

第157回日本医学会シンポジウム、第28回日本医学会公開フォーラム動画配信のご案内

本会では常時活動の一環として、年2回、シンポジウムと公開フォーラムを開催し、医学研究の向上と交流に努めております。
既にご案内した標記2つの会について、新型コロナウィルス感染症の感染拡大状況に鑑み、無観客にて収録の上、後日日本医学会HPで動画配信いたします。
詳細については日本医学会HPにてご確認くださいますようよろしくお願い申し上げます。
第157回日本医学会シンポジウム  http://jams.med.or.jp/symposium/index.html
第28回日本医学会公開フォーラム  http://jams.med.or.jp/forum/index.html

更新日:2020年9月30日

医療機器及び体外診断用医薬品のリスク管理計画の策定及び公表について(周知依頼)

 令和2年8月31日付にて,厚生労働省 医薬・生活衛生局 医療機器審査管理課より, 別添の通り, 医療機器及び体外診断用医薬品のリスク管理計画の策定及び公表についての周知依頼がありました。 

関連URLは下記の通りです。 
https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000665712.pdf

なお 詳細は, 厚生労働省 医薬・生活衛生局 医療機器審査管理課 [ 担当 前原氏 電話:03 5253 1111 内線:4217 にお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

医療機器等のRMPの策定及び公表について

更新日:2020年9月11日

医療機器及び体外診断用医薬品のリスク管理指針について(周知依頼)

令和2年8月31日付にて,厚生労働省 医薬・生活衛生局 医療機器審査管理課 より,医療機器及び体外診断用医薬品のリスク管理指針についての 周知依頼がありました。

関連URLは下記の通りです。 
https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000665713.pdf

なお 詳細は, 厚生労働省 医薬・生活衛生局 医療機器審査管理課 [ 担当 前原氏 電話:03 5253 1111 内線:4217 にお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

医療機器及び体外診断用医薬品のリスク管理指針について

更新日:2020年9月11日

 第28回 日本医学会公開フォーラムのお知らせ

詳細はPDFよりご覧ください。

更新日:2020年9月7日

2020年度 CREST研究提案臨時募集(コロナ対策臨時特別プロジェクト(仮))の内容およびスケジュールについて

募集趣旨

この度JSTでは、新型コロナウイルスをはじめとする新興感染症への対応に資する新技術シーズ創出に向け、医療分野に留まらない様々な分野の研究者の力を結集した異分野融合研究を推進するため、戦略的創造研究推進事業においてコロナ対策臨時特別プロジェクト(仮)※を立ち上げることとなりました。

※今年度はCRESTの1研究領域として先行的に実施し、令和3年度の予算化を構想しています。

以下の募集内容・スケジュールで臨時公募・選定等を行う予定です。

募集内容

研究内容:分野・研究領域を超えたチームでの基礎研究を実施し、新興感染症との共生に資する新技術シーズの創出(※臨床研究や医薬品開発など医療分野に限定するような研究開発は除く)

研究費:50百万円(直接経費)/年・課題

研究期間:令和2年度~令和5年度(約3年間)

研究体制:情報学、環境科学、工学、物理学、有機化学、計算科学、基礎生物学などの研究者を研究代表者とし、必要に応じて社会科学系、医薬臨床系の研究者が参画する異分野融合研究チームを構成

スケジュール

 ・9月下旬~10月下旬 研究課題の公募

 ・11月上旬~12月下旬 研究課題の選定

 ・2021年2月1日(予定)  研究の開始

(注)以上の募集内容・スケジュールは現時点での予定であり予告無く変更することがありますので、予めご了承ください。

公募に関する情報は下記webページで随時更新しておりますのでご覧ください。https://www.jst.go.jp/kisoken/boshuu/teian.html

問合せ先

 国立研究開発法人科学技術振興機構 戦略研究推進部[募集専用]
E-mail:rp-info@jst.go.jp 問合せは必ず左記メールアドレスにお願い致します。
 電話番号:03-3512-3530(受付時間:10:00~12:00/13:00~17:00※)
※土曜日、日曜日、祝日を除く
[電話でご質問いただいた場合でも、電子メールでの対応をお願いすることがあります]

2020年8月18日
日本医学会

更新日:2020年9月4日

「臨床研究法施行規則の施行等について」の一部改正について(周知依頼)

平素より, 本会の事業推進にご協力を賜りまして, 誠にありがとうございます.
さて, 令和2年8月6日付にて, 厚生労働省医政局研究開発振興課長より, 「臨床研究法施行規則の施行等について」の一部改正について, 別添の通り, 通知がありましたので, 貴会の会員各位に周知の程よろしくお願いします.

関連URLは下記の通りです.
https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000659474.pdf
なお, 詳細は, 厚生労働省医政局研究開発振興課臨床研究管理係[担当:久保氏:電話03-5253-1111 (内4157、4164)] にお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます.

2020年8月18日
日本医学会

更新日:2020年9月4日

令和元年度 販売情報提供活動監視事業報告書について

令和2年7月28日付にて、厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課より,「令和元年度 販売情報提供活動監視事業」の報告書について周知依頼がございました. ご確認くださいますようよろしくお願い申し上げます。 なお、関連URLは下記の通りです. https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/koukokukisei/index.html 詳細は,厚生労働省(03-5253-1111)医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課・担当の野原氏(内線2762)にお問い合わせ下さいますようぉ願い申し上げます.<

令和元年度 販売情報提供活動監視事業【概要】 PDF

令和元年度 販売情報提供活動監視事業【報告書】 PDF

2020年7月30日
日本医学会

更新日:2020年7月31日

PMDAからの医療機器適正使用のお願い

厚生労働省地域医療計画課在宅医療推進室より,在宅使用が想定される人工呼吸器等の周辺における携帯電話端末の利用時の留意点に関する患者等向けリーフレットの発行について,添付の通り,周知依頼がありましたので,貴会の会員各位に周知の程よろしくお願いします.

厚生労働省医薬・生活衛生局医薬安全対策課通知文書 PDF

 関連URLは下記の通りです.

<PMDAホームページ>
https://www.pmda.go.jp/safety/info-services/devices/0122.html

更新日:2020年7月14日

日本医学会シンポジウムの開催について(案内)

本会では常時活動の一環として,シンポジウムを開催し,医学研究の向上と交流に努めております.今回は別紙のとおり開催いたします. すでにご案内をさせていただきましたが,第157回シンポジウムにつきましては, 新型コロナ感染症拡大の関係で,当初を予定しておりました6 月開催を 延期し, 1 2 月 19 日に開催する運びになりましたので, 改めてご案内させていただきます. つきましては,貴機関におきまして,今回のシンポジウムのテーマに関心ある研究者の方々に,広くご周知たまわり,参加をご勧奨下さいますようお願い申し上げます.
日本医学会ホームページ(http://jams.med.or.jp/)の「日本医学会シンポジウム」の項から、参加申し込みできます。

   

更新日:2020年7月14日

「「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律施行令」及び「再生医療等の安全性の確保等に関する法律施行規則」の取扱いについて」の一部改正について

平素より,本会の事業推進にご協力を賜りまして,誠にありがとうございます. さて,令和2年6月26日付にて, 厚生労働省医政局研究開発振興課長より,「「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律施行令」及び「再生医療等の安全性の確保等に関する法律施行規則」の取扱いについて」の一部改正について,別添の通り,周知依頼がありましたので,貴会の会員各位に周知の程よろしくお願いします. 関連 URL は下記 の通りです.
https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000644300.pdf
https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000644304.pdf
なお, 詳細は,厚生労働省医政局研究開発振興課再生医療等研究推進室再生医療研究係 [担当:穴井氏:電話:03-5253-1111(内2587)] にお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます.

更新日:2020年7月9日

世界保健機関(WHO)による新型コロナウイルスに関する「疾病及び関連保健問題の国際統計分類第10回改訂(ICD-10)」における対応について(更新情報)

日頃より大変お世話になっております.
「新型コロナウイルスに関する「疾病、傷害及び死因の統計分類第10版(ICD-10)」 における対応については,本年2月13日にお知らせをいたしたところでありますが, 厚生労働省国際分類情報管理室より, 「2月以降の変更点を踏まえ、疾病、傷害及び死因分類専門委員会にて分類コード の和訳を決め、更新情報をHP掲載いたしました.」として,本会宛周知依頼がありました. 貴会会員への周知をお願い致します.
世界保健機関(WHO)による新型コロナウイルスに関する 「疾病及び関連保健問題の国際統計分類第10回改訂(ICD-10)」における対応について(更新情報)

■公表日  令和2年7月3日
■掲載HPアドレス https://www.mhlw.go.jp/toukei/sippei/
2月13日: WHOの発表情報に関する掲載
(U07.1を使用すること、分類名は仮称であること)
3月17日: WHOの発表情報に関する掲載
(仮称とされていた分類名が公表されたこと)
7月3日: WHOの発表情報、以上を受けた対応に関する掲載
(U07.2が追加されたこと、和訳の確定)
詳細につきましては厚生労働省政策統括官付国際分類情報管理室 担当者 電話:03-5253-1111 E-mail:icdoffice@mhlw.go.jp

                  日本医学会

更新日:2020年7月5日

「日本医学会e-News No.1」の発行について

「日本医学会e-News No.1」を発行いたしました。 従来の「日本医学会だより」(No.62で終了となりました)を名称変更いたしまして,新たに「日本医学会e-News」として,日本医学会ホームページにも項を設け,閲覧者が自由にダウンロードできる形とさせていただいております.

掲載URLは下記の通りです.
http://jams.med.or.jp/dayori/index.html

なお,「日本医学会e-News」は,「日本医学会だより」同様に,発行はオンライン版のみとさせていただいておりますので,ご承知おきいただければ幸いです.

更新日:2020年6月2日

国際医療機器規制当局フォーラム(IMDRF)による医療機器サイバーセキュリティの原則及び実践に関するガイダンスの公表について

平素より, 本会の事業推進にご協力を賜りまして, 誠にありがとうございます.
さて, 令和2年5月13日付にて,厚生労働省医薬・生活衛生局医療機器審査管理課並びに医薬・生活衛生局医薬安全対策課より,別添の通り,国際医療機器規制当局フォーラム(IMDRF)による医療機器サイバーセキュリティの原則及び実践に関するガイダンスの公表についての周知依頼がありましたので,貴学会の会員各位に周知の程よろしくお願いします.

 関連URLは以下の通りです。
<厚労省ホームページ>
https://www.mhlw.go.jp/hourei/new/tsuchi/new.html
こちらのホームページの「医薬・生活衛生局」をクリックした列に記載されています。

<PDMAのホームページ>
https://www.pmda.go.jp/safety/info-services/devices/0001.html

詳細は,厚生労働省医薬・生活衛生局医薬安全対策課 電話:03-5253-1111 (内線2751 )担当の武内氏にお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます.

国際医療機器規制当局フォーラム(IMDRF)による医療機器サイバーセキュリティの原則及び実践に関するガイダンスの公表について

更新日:2020年6月1日

レギュラトリーサイエンス戦略相談に関する実施要綱の一部改訂について

平素より,本会の事業推進にご協力を賜りまして,誠にありがとうございます.
さて,独立行政法人医薬品医療機器総合機構理事長より本職宛に「レギュラトリーサイエンス戦略相談に関する実施要綱の一部改正について」の周知依頼がありました.
依頼文によりますと,今般,実施要綱について改正し,令和2年5月20日から施行するとのことですので,貴会会員に周知方よろしくお願い申し上げます.

なお,関連URLは,以下の通りです.
https://www.pmda.go.jp/review-services/f2f-pre/strategies/0005.html
・令和2年5月13日薬機発第0513009号「レギュラトリーサイエンス戦略相談に関する実施要綱の一部改正について」
https://www.pmda.go.jp/files/000235036.pdf
・「レギュラトリーサイエンス戦略相談に関する実施要綱」
https://www.pmda.go.jp/files/000235035.pdf

 詳細は,独立行政法人医薬品機器総合機構(PDMA)審査マネジメント部審査企画部:中山氏 電話:03-3506-9438 (内線3417) にお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます.

更新日:2020年6月1日

第27回日本医学会公開フォーラム開催形態変更および
第157回日本医学会シンポジウムの延期について

2020 年4月
日本医学会長 門田 守人

本会では常時活動の一環として,年2 回,公開フォーラムとシンポジウムを開催し,医学研究の向上と交流に努めておりますが,新型コロナウイルス感染症拡大状況に伴う政府の緊急事態宣言発令を受けて、すでにポスター掲示等のご依頼をさせていただきました2つの会につきまして下記のとおりとさせていただきます。
6月6日に開催予定の第27回公開フォーラム「肺炎を理解する~肺炎予防の重要性とあなたもできる肺炎対策~」は無観客にて収録を行い,日本医学会HP で動画配信をいたします。 タイトルを含めて内容を見直し,新型コロナウイルス感染症に対応したものに変更する予定です。
6月13日に開催予定の第157回シンポジウム「遠隔診療とロボット支援手術の未来」は開催を延期させていただきます。日程が決まり次第,ご案内させていただきます。 既にお申し込みをいただいた方には大変申しわけありませんが,何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

2020年6月6日(土) 第27回日本医学会公開フォーラム
          「肺炎を理解する~ 肺炎予防の重要性とあなたもできる肺炎対策~」
           → 無観客にて開催  HP で動画配信予定
(タイトル,及び内容については,新型コロナウイルス感染症に対応したものにするため,変更となる場合があります。)
            http://jams.med.or.jp/forum/index.html

2020年6月13日(土) 第157回日本医学会シンポジウム
           「遠隔診療とロボット支援 手術の末来」
           → 延期(開催日は未定)
           http://jams.med.or.jp/symposium/

更新日:2020年5月08日

2020年度「日本医師会医学賞」ならびに「日本医師会医学研究奨励賞」候補の推薦について

本会では, 「日本医師会医学賞」ならびに「日本医師会医学研究奨励賞」を,本会医学賞・医学研究奨励賞選考委員会において選考のうえ,授与いたしております.医学賞は4名,奨励賞は15名授与いたします。以下要項により両賞候補を募集いたしますので,別記のとおりご推薦くださいますようよろしくお願い申し上げます。 なお,要項にありますように, 日本医師会医学賞は「医学上重要な業績をあげたもの」,日本医師会医学研究奨励賞は「医学上将来性に富む研究を行っているもの」に授与するものであることを申し添えます。

*IVR学会代表者の推薦書が必要のため、まずは推薦理由書以外の応募書類データをIVR学会事務局までメールでお送りください。
*IVR学会からの推薦は1名に限りますので、複数応募の場合は選考となります。

IVR学会宛書類提出締切:2020年5月末日<必着>
提出先:office@jsir.or.jp

PDF詳細はこちら

更新日:2020年4月10日

医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応について

4月7日付けにて、厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部より、「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応について(その3)」および「新型コロナウイルス感染症に関する感染管理(改定2020年4月7日)より 抜粋「新型コロナウイルス感染症の留意事項」、医療従事者向けポスター(施設内・職員啓発用)が送付されてまいりました。

貴会会員にご周知いただき、ポスターについては施設内の職員が目にしやすい場所での掲示をお願いできましたら幸甚に存じます。

「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応について(その3)」
および「新型コロナウイルス感染症に関する感染管理(改定2020年4月7日)より 抜粋「新型コロナウイルス感染症の留意事項」
PDF

医療従事者向けポスター PDF

日本医学会長 門田守人
更新日:2020年4月10日

COVID-19関連ウエッブサイトの情報提供について(報告など)

2020年4月6日
一般社団法人日本医学会連合
会長 門田 守人

4月1日付文書で、COVID-19関連サイトに関する情報の提供をお願いしましたところ、多数の学会からご回答をいただき、このほど日本医学会連合ウエッブサイトに「COVID-19関連サイト集」(https://www.jmsf.or.jp/info_covid19_newslist.html)を立ち上げました。ご協力に深く感謝いたします。
 なお、日本医学会連合では近々ウエッブサイトを全面更新する予定にしており、新ウエッブサイトでは、さらに見やすい情報提供を行えるようになります。貴学会でCOVID-19に関して新たにウエッブサイトを準備された場合には、「関連サイト集」に追加させていただきたく存じますので、引き続き情報提供にご協力をお願いいたします。

一般社団法人 日本医学会連合 事務局
E: info@jmsf.or.jp W: https://www.jmsf.or.jp/
T: 03-6240-0405 F: 03-6240-0406

更新日:2020年4月7日

2020年度社会還元加速プログラム(SCORE)チーム推進型の公募のお知らせ

このたび、JST(産学連携展開部START事業グループ)では、2020年度社会還元加速プログラム(SCORE)チーム推進型の公募を開始しました。 SCOREは、大学等の優れた技術シーズを基にした成長ポテンシャルの高い大学等発ベンチャーの創出を促進するためのプログラムです。
活動期間内に、実践的学習や仮説検証活動等を通してビジネスモデルの現実化・高度化を行い、起業やSTART申請に繋げることを目指します。 起業という形で技術の社会還元を目指される、意欲の高い研究者の皆様からの応募を多数お待ちしております。
広くご展開頂きますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

<公募概要>https://www.jst.go.jp/start/score/r2/index.html
※2019年度採択チームのインタビューもございますのでよろしければご覧ください。

  • 申請締切:2020年5月13日(水)正午
  • 公募対象者:技術シーズを持つ「研究代表者」と研究代表者とともにビジネスモデル仮説の立案検証などの活動を行う「事業化プロデューサー」のチームでの参加
  • 応募分野:ビジネスモデル検証や顧客ヒアリング等が可能な技術分野全般
  • 研究開発費(直接経費):事業化活動にかかる直接経費 上限500万円
  • 研究開発期間:単年度(2020年度のみ)

何かご不明点がありましたら、下記SCORE担当までご連絡ください。

<お問い合せ先>
  JST START事業グループ 船木・木村
 TEL:03-5214-7054
 E-mail:start-score@jst.go.jp

更新日:2020年3月27日

更新日: 2022年6月23日



学会について

会員の皆様へ

看護師の皆様へ

市民の皆様へ