パブリックコメントの募集

「CTガイド下肺生検の手技に関するガイドライン」に対するパブリックコメントの募集について

一般社団法人 日本インターベンショナルラジオロジー学会(日本IVR学会)
理事長  山門亨一郎
日本IVR学会  ガイドライン委員会委員長 山上卓士
CTガイド下肺生検の手技に関するガイドライン作成委員会 委員長 保本 卓

「CTガイド下肺生検の手技に関するガイドライン」のパブリックコメント募集ついて、ご案内申し上げます。

 日本IVR学会では、わが国で行われているIVR治療の標準化を見据えて、実践的なガイドライン作成を推進しています。

今回、日本IVR学会のガイドライン委員会のプロジェクトとして、CTガイド下肺生検の手技に関するガイドラインについて検討を重ねております。

つきましては、本ガイドラインについて、広くご意見を伺いたいと思います。

CTガイド下肺生検の手技に関するガイドライン PDF

意見公募要領は次の通りです。

意見募集の対象 「CTガイド下肺生検の手技に関するガイドライン」について

  1. 意見募集期間
    2020年7月2日(木) ~ 2020年7月28日(火)
  2. 意見送付方法
    電子メールでの意見送付を受け付けております。なお、お電話やFAXによるご意見の受付は対応致しかねますので、あらかじめご了承下さい。テキスト形式で氏名、住所、所属、電話番号、電子メールアドレス、ご意見を記載の上、下記の電子メールアドレスまでご送付ください。
    電子メールアドレス:office@jsir.or.jp
    件名:「ガイドライン・パブリック・コメント」
    日本IVR学会事務局 宛
  3. ご意見の取扱い等
    皆様から頂いたご意見につきましては、担当部署において検討し、本ガイドラインに反映させることがありますが、ご意見に対して個別の回答は対応致しかねますので、ご承知願います。また、頂いたご意見は、住所、電話番号、電子メールアドレスを除き公開される可能性がありますので、その旨あらかじめご了承下さい。

過去のパブリックコメント募集はこちら
IVR学会 ガイドライン に戻る

更新日: 2020年7月2日



学会について

会員の皆様へ

看護師の皆様へ

市民の皆様へ